ミラジョボビッチのダイエットは30キロ以上も痩せた!

 

http://www.ellemaman.jp/column/celeb/diet12_1128/5.html(妊娠中に90kg越え! 決死の覚悟でダイエットに取り組んだミラ・ジョヴォビッチより引用)

 

バイオハザードで人気となったミラジョボビッチ、私もこの作品を見てからファンになったのですが、どうやら妊娠中に30キログラム近く増量してしまったようで、その後もバイオハザードの撮影があったため減量したようですね。
有名ハリウッド女優ともなれば、増量してしまってもちゃんと痩せなければならなく、体が売りでもあるため大変ですよね。

 

でも、短期間で30キログラム近くも痩せたなんて、どんな方法なんだろうと調べてみたので紹介しますね。


ミラジョボビッチは妊娠中に32キログラムも増量


(妊娠中のミラジョボビッチ、
http://media.photobucket.com/user/atara_baggins/media/milla.jpg.html?filters[term]=recent&filters[primary]=imagesより引用)

 

31歳の年齢で娘を出産した彼女は、1年くらいかけて徐々に体重が増えてしまい、最終的には32キログラムも増えてしまったのだとか。
32キログラムといえば、日本人で小柄な女性ならこの体重に近い数字ですよね。
それを更に1年かけてダイエットしたというのですからスゴイです。

 

彼女は妊娠中に体重が増えるのはあまり気にしなかったようで、健康的な赤ちゃんを産むために一杯食べたそうです。
そのミラジョボビッチがダイエット方法として取り入れたのが、海外セレブたちの間でも人気がある5ファクターダイエットというものだったのです。

 

元々の彼女はモデルでスレンダー

映画フィフスエレメントという作品を見たことがありますか?
ブルースウイルス主演で、ミラジョボビッチは宇宙人という設定でした。
最初に登場したシーンはなんとほぼヌードに近く、布を巻いただけというスタイルでした。
その時の彼女はモデルとして活躍していたため、肌を露出することにはあまり抵抗が無かったのかもしれません。
バイオハザードでも脱いでいるシーンがありますが、すらっとしたスタイルのためいやらしい感じは全くありません。

 

その当時のスタイルを見てみると、かなり痩せていたのではないでしょうか。
胸もほとんどなくガリガリで、よく海外モデルにいるようなスタイルです。

 

ミラジョボビッチがやった5ファクターダイエットとは?

1日300キロカロリーの食事を5回に分けて食べる、そして週5日25分のエクササイズをするだけ。
食べないダイエットでは無い為、痩せたときの彼女は筋肉が落ちておらず女性らしい体になっていました。
バイオハザードのシリーズを続けていくうちに、彼女のスタイルも徐々に変化していく様子がみられます。

 

当初のモデル体型でガリガリというよりは、引き締まっていてスレンダー、適度にお肉も付いた感じがしました。

 

彼女が1年で30キログラム近い体重を落せたのは、セレブ後用達のトレーナーのおかげ。
素人が300キログラムの食事を5回に分けて、エクササイズを実行するのはちょっと難しいかもしれません。
でも、食事をわけることで筋肉を落さず、血糖値が上がりにくくなって脂肪を燃焼しやすくします。
食事もかなり管理されていたのかもしれません。

 

5ファクターダイエットはこんな方法で

1日5回の食事、週に5回のエクササイズだから5という数字が付くようです。
基本的なことはコレだけですが、あと少し気をつけたい事が幾つかあります。

 

血糖値を急激に上げないために5回に分けて食事をするのですが、この5回の食事も糖質を抑えたメニューを取り入れていることが多いようです。
まったく糖質を取らないのではなく、GI値が低いものをチョイスして脂肪が付きにくくするのみです。

 

低脂肪のたんぱく質、GI値が低い炭水化物、野菜やフルーツなどバランスの良い食事を摂ります。
食べないダイエットではなく、脂肪を押さえた低糖質ダイエットのような感じです。
日本食なら比較的ヘルシーで、たんぱく質を多めに摂り、ごはんを玄米や雑穀米に変えるだけで実践できます。
5回の食事は通常の食事を5回というよりは、3回の低カロリーの食事+2回の間食という感覚です。

 

間食はチーズ、ナッツ、スムージー、野菜スティックなどヘルシーなものを利用します。

 

ファイブファクターダイエットの効果

このダイエットの効果は血糖値が上がりにくいため、脂肪を溜め込みにくく、お腹がすきにくいことです。
脂肪が蓄積されるのは糖質があまったときに行なわれやすいのですが、まったく糖質を摂らない食事は逆に筋肉が作られなくなってしまうためおすすめできません。
筋肉を作るときにはたんぱく質だけではなく、糖質も多少は必要となります。
極端な炭水化物抜きダイエットをすると逆に筋肉が落ちているのを感じられます。(私も実践済み!)

 

常に血糖値が上昇していない状態だからなんとなく空腹感は感じるかもしれませんが、すごいお腹が空いている分けでは無いためストレスはありません。
また、血糖値が上昇してないときにエクササイズをすれば、脂肪が燃焼しやすくなります。