太ももが冷たい人のダイエット方法

太ももが冷たい!という人は下半身が太い傾向があります。

 

一般的には太ももにあるセルライトが冷えの原因で、血行不良によって冷たくなっているというのが定説のようです。
実はこれ間違いなんですよ!
セルライトは美容業界が作った嘘で、セルライトが原因だから太ももが冷たいというわけではないんです。

 

では、どうやったら太ももの冷たさを解消できるか?と思うかもしれませんが、ちょっとした心がけで改善することができます。
冷えていることには変わりがないのですが、単にマッサージすれば解消できるというものではなく、根本的に解決する方法が必要だったりするのです。


冷えているなら温めろ!

太ももを手で触ってみて冷たいと思う方は、かなり太ももが冷えている可能性があります。
私も以前はこのような症状があって、太ももどころかヒップまでも冷たく、ヒヤッとしていました。
セルライトのせいだろうと思っていたのですが、痩せている当初から既に冷えていて、何となくおかしいなとは思っていました。

 

セルライトは正常な脂肪細胞のことで、皮膚にハリが無くなって大きくなった脂肪細胞がボコボコと見えているだけです。
普通に脂肪を落とせば良いだけのことです。

 

ただし太ももが冷えている人は下半身の代謝が悪いので、通常のダイエットでは上半身だけ痩せて、太ももはそのままと言う事が多くあります。
まずは太ももを温める事から実践してみて下さい。

 

下半身は温め、上半身は冷やすが正解

足熱頭寒という言葉があるように、下半身を温めて上半身を冷やすのが正解です。

 

頭には脳という大切な器官がありますから、この分が熱くなってしまうと重大な欠陥を起こしてしまいます。
しかし、現代人はミニスカートで下半身を冷やしながら、上半身を一生懸命着込んでいる人が多いんですね。

 

下半身をしっかりと温めるようにすると、自然と太ももの冷たさが解消されて、血流と一緒に脂肪も排泄されるようになります。

 

また、下半身が太くて冷たい人に良くみられるのが、甘い物が大好きだったりします。
砂糖は冷やす性質があるため、下半身のむくみにも繋がってきます。

 

靴下2枚履きが一番効果的だった

私が太ももの冷えで悩んでいたときに実践したのが、靴下を2枚履く冷えとり健康法というものです。
1枚目は5本指ソックスをはき、その上に普通の靴下を重ねるだけです。

 

また、下半身を冷やさないようにレギンスも常に履くようにしました。
冬は湯たんぽで集中的に下半身を温めたりもしましたよ。
たったこれだけですが、下半身の冷えからはかなり解消されたようにも思います。

 

下半身を冷やしているとどんどん太くなってしまいますから。

 

また、最近の若い人は入浴のときにシャワーだけという人も多いそうですが、下半身をしっかりと温めないと将来太ももが冷えて太くなっちゃいます。
冷えは年齢と共にひどくなりやすいから、若い頃から本当はちゃんと対策しておくのが一番なんですけどね。

 

また、女性は下半身に筋肉が少ないため冷えやすいというのも理由のひとつです。
冷えている人ほど歩かず、下半身に筋肉の量が少なかったりします。
若い頃にスポーツをやっていて下半身にしっかりと筋肉が付いている人は、下半身が冷えにくいともいいます。

 

太ももの付け根からしっかりと足を使って歩くだけでも、太ももの冷えは解消されやすくなります。